1. ソナタジェネリックで快眠!個人輸入で買える睡眠薬   >  
  2. 睡眠薬以外で眠れる方法

睡眠薬以外で眠れる方法

寝室

寝不足が続いてもエナジードリンクなどを飲んでなんとかやり過ごそうとする人が多く見られますが、寝不足はエナジードリンクなどを飲んでも解消されることはありません。寝不足を解消するにはやはり毎日規則正しく睡眠を摂るのが最善なのです。普通の人の最適な睡眠時間は6〜7時間と言われていますが、日本人は今5人に1人の割合で寝不足を感じていると言われています。

快適な睡眠を手に入れるための手段のひとつに睡眠薬の服用があります。欧米の先進国では眠れないときは睡眠薬を服用する人が比較的多いのですが、日本では「睡眠薬は危険なお薬だ」という認識が広がっていて、眠れない状況が続いているにも関わらず病院を受診しない人が多いように感じます。

ただし、睡眠薬を服用しなくとも日常生活で工夫をすれば改善できることは多くあります。最近はスマートフォンやパソコンの操作をする時間が増えていますが、それらはブルーライトを発しており、睡眠の妨げになっているのです。寝る前にはスマートフォンやパソコンなどの画面は見ないようにしましょう。

また、夜になっても電気の明るい部屋にいるとメラトニンと呼ばれる眠りを誘うホルモンが分泌されにくくなってしまうので、寝る前はなるべく部屋の証明を暗くするようにしましょう。

脳が興奮しているとなかなか寝付きにくくなってしまうので、テレビなど脳を興奮させるようなものからも遠ざかった方が無難です。

運動不足は日本では深刻化しているのですが、運動習慣がない人はある人に比べて眠りの質が悪化しやすいとされています。毎日最低でも30分程度の運動を心がけると良いでしょう。

他にも睡眠の質を改善する方法はたくさんあるので、自分の生活を見直して改善することをお勧めします。